« 良いお年をお迎え下さい | トップページ | 新鮮に感じられる竜王戦6組1回戦の自戦記 »

新春お好み将棋対局のことなど

新年明けましておめでとうございます。

いよいよ2010年が始まりましたが、はたしてどんな年になるでしょうか。とりあえず週刊ロボザックの公式サイトは未だ健在のようですね。

年末年始はテレビを見る機会が増えますが、今回はその雑感です。

○紅白歌合戦(12月31日)

・美川憲一さんの歌の時は肝心の美川さんよりも、何故かオードリーの春日さんの方が圧倒的に目立っていた気がしますが、不思議な演出に思いました。

・初出場の嵐ですが、堂々のスペシャルメドレーを披露。「今回の紅白では恐らくこの嵐の出演時間帯が視聴率のピークかなぁ。」と思ったら、続けて矢沢永吉さんが登場。驚きました。

○新春お好み将棋対局(1月1日)

・早指しペア対局:ペア対局と言えば大抵男女のペアと相場が決まっていますが、今回は男性同士のペアで違和感満点。見ていて何となくお尻がむずむずしました。

・NHK杯戦の司会ではとにかくやたらと地味な服装が多い矢内女王ですが、さすがに正月番組ということで華やいだ和服姿。NHK杯戦でもせめて普通にワンピースとか、オーソドックスにスーツ姿とかにしてもらえれば、と改めて思った次第。

・解説者は羽生善治NHK杯(四冠)。元旦から羽生さんのお顔を拝見できて、得をした気分。個人的には何だか大変縁起が良い気がしました。

|

« 良いお年をお迎え下さい | トップページ | 新鮮に感じられる竜王戦6組1回戦の自戦記 »

将棋」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヒロビ様
あけましておめでとうございます。
橋本崇載七段を初めて見ました
う~ん、イメージと違う。
ファンになれそうもない感じ(^ ^;
羽生四冠は全ての戦形をお指しになるから解説者としてもうってつけかもしれませんね。

将棋ソフト六枚落ち3連敗。
といっても詰ませられないと思ったら投げちゃうからなんですが、読めない!筋もわからん!
やっぱりハンドルは永世十四級がふさわしいかも。


投稿: 永世級位 | 2010年1月 1日 (金) 22時47分

永世級位さん、明けましておめでとうございます。

橋本七段は昨年NHKの将棋講座の講師をされていましたね。ご覧のように大変個性的なルックスな方なので、良くも悪くも印象に残る棋士のお一人かと思います。

将棋ソフトは私の場合アドバイスできる棋力が無いのですが、事前に強さを調整しておく→自分の得意な(下手有利な)定跡形にもちこむ→ひたすら手筋に従う→あとは根気強く指す、というのはどうでしょう?
これが平凡なら、新春将棋お好み将棋対局のように、いきなり端歩を突くなど奇手を連発してみる→ソフトが混乱して悪手を指す→すかさず悪手につけ込む、などというのはいかがでしょう?(^o^)/ ダメかな。

投稿: ヒロビ | 2010年1月 2日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/47176037

この記事へのトラックバック一覧です: 新春お好み将棋対局のことなど:

« 良いお年をお迎え下さい | トップページ | 新鮮に感じられる竜王戦6組1回戦の自戦記 »