« B級1組順位戦10回戦渡辺竜王対松尾七段 | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント1月の放送予定 »

NHK将棋講座テキストを眺めて気付いたこと

最近毎月紹介させて頂いているNHK将棋講座テキストですが、以前から気付いていた点を二つほど書きます。

○4月号から将棋講座のページがモノクロになった。

 昔から購読されている方はとっくにお気付きのことと思いますが。’09年3月号の将棋講座(この時は「森下卓の相居飛車をマスターしよう」でした)と目次・詰め将棋のページは三色刷でしたが、4月号からモノクロ印刷になってしまいました。これはコストダウンの意図がもろに表れている部分ですね。ちょっと残念。catface

○「先崎学のすぐわかる現代将棋」には講座共同執筆者がいない?

’09年放送の将棋講座でいうと「森下卓の相居飛車をマスターしよう」と「橋本崇載の受けのテクニック教えます」では目次の隅にごく小さな字で講座共同執筆者の名前が記載されていました。ところが現在放送中の「先崎学のすぐわかる現代将棋」ではその記載がありません。

と思ってテーマページを開いて出演者の写真下にある北尾女流初段のプロフィールを見ると、”聞き手・執筆協力”となっていますね。先崎八段はもともと雑誌に連載記事を書かれている方ですし、北尾さん(ご主人は片上大輔六段)も観戦記などを書かれている実績があるわけで、執筆の方も番組進行同様二人三脚ということでしょうか。shine

|

« B級1組順位戦10回戦渡辺竜王対松尾七段 | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント1月の放送予定 »

将棋」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ヒロビ様
はい、私も虫が苦手です。
今夏、毛虫に刺されました(+o+)
神経質で非社交的…なはずですが渡辺竜王性格明るいですよねぇ。
今期の竜王戦、渡辺竜王、森内9段、どちらも棒銀をお指しになられるので好きな棋士なんですが、渡辺竜王の圧勝でした。接戦を期待していたんですが。
NHK将棋講座は昔、購読しておりました。
この付録の佐藤大五郎9段の詰め将棋を盤に並べて、1週間考えてもわからず、諦めて答えを見たら桂馬が一枚足りないんです。詰むわけない。
自分のバカさ加減にあきれてそれから10年以上将棋から遠ざかってました。
もう自分には将棋にお金を書ける価値もないと思っておりますが、渡辺竜王の本なら買ってもいいかな(^^)

投稿: 永世級位 | 2009年12月22日 (火) 22時31分

永世級位さん、こんばんは。

毛虫にさされたのは災難でしたね。腫れたりはしませんでしたか?私もやはり毛虫は苦手かな。

渡辺竜王は大盤解説や感想戦の様子を拝見すると、おっしゃるように明るくてハキハキした印象ですね。解説巧者の所以かと思います。
今期の竜王戦は渡辺竜王が神がかったような強さを発揮されてましたね。今期全般の印象では中盤~終盤の差し回しが正確でミスが少ないような感じがします。ご本人のコメントでも、負けた対局は前半のミスを悔やまれていたと思います。

桂馬が一枚足りなかった・・・というのは驚かれたでしょう。coldsweats02でも私も似たような経験がありますよ。詰め将棋は頭の体操にもってこいですが、解けそうで解けないと確かにハマリますね。

投稿: ヒロビ | 2009年12月23日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/47085241

この記事へのトラックバック一覧です: NHK将棋講座テキストを眺めて気付いたこと:

« B級1組順位戦10回戦渡辺竜王対松尾七段 | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント1月の放送予定 »