« NHK将棋講座テキスト12月号 | トップページ | Web ブラウザ Sleipnir »

将棋の日の番組を見て

雪の降る札幌で、ある喫茶店に入ったらその途端タバコの臭いがすごく鼻につきました。その店は分煙とか換気には無頓着らしく、とても居たたまれなく早々に退散するはめになりました。残念。

閑話休題。

既に投稿させてもらったように昨日21日は、11月17の将棋の日にちなんだ番組が教育テレビで放送されました。

前半は女流棋士と将棋パトロールということで、矢内女王、岩根女流二段、村田女流初段、中村女流一級が登場。「将棋パトロールって何?」と思う方もいるかもしれません。過去の対局の終盤で、どう見ても勝勢あるいはかなり優勢の局面なのに、不本意な緩手を指してしまって見事に逆転負けcoldsweats02・・・という例を大盤を使って各女流棋士毎に紹介するというもの。これがなかなか面白かったですね。

中には司会の神吉六段が「えっ!? アホちゃうの!?」と驚く、いわゆる見事なトン死もありました。coldsweats01 プロでもこういう事があるんだぁsweat01

矢内女王と地元の村田女流初段の公開対局の後、羽生NHK杯(四冠)と久保棋王の公開対局による次の一手名人戦です。衆人注目のもとで30秒将棋、おまけに阿部八段と山崎七段による大変にぎやかな解説付きでしたが、130手以上の本格的な対局で羽生NHK杯の勝ちとなりました。それにしてもやはり羽生さんは強いなぁというのが実感ですね。

あと感じたことですが、司会役の神吉六段は見事にこの種のイベントにハマってます。昭和プロダクション所属ということですが、知らない方が見たらまずプロ棋士とは思わず、吉本興業のタレントかと思うでしょう。それぐらい見事な司会進行でしたね。来年も是非また見ようっと。

|

« NHK将棋講座テキスト12月号 | トップページ | Web ブラウザ Sleipnir »

将棋」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/46829317

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋の日の番組を見て:

» 嫁と義父 [かまちゃんのブログ]
リモコンを手に、迷っていた。 録画しておいた「NHK杯 将棋トーナメント」。 深 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 10時41分

« NHK将棋講座テキスト12月号 | トップページ | Web ブラウザ Sleipnir »