« 棋聖戦と竜王戦決勝トーナメント | トップページ | 女流棋士の対局 »

渡辺竜王対豊川七段戦と竜王戦決勝トーナメント第2局

昨夜の日本ハム対ロッテ戦は、日本ハム先発の多田野が9回2アウトまで何とノーヒットノーランの快投。あと一人で逃したというのも4年ぶりだそうです。残念でしたがヒットを打たれても集中力が切れず、完封したというのも素晴らしかったですね。

閑話休題

B級1組順位戦3回戦の渡辺竜王対豊川七段戦は83手で先手渡辺竜王が勝ち、順位戦3連勝となりました。順位戦連勝の竜王と今期未だ白星の無い豊川七段。勢いの違いがあったのかもしれません。お二人ともお疲れ様でした。

B級1組順位戦の次の対局は7月31日。渡辺竜王の対戦相手は堀口一史座七段となっています。過去の対戦成績では堀口七段とは滅法相性の良い渡辺竜王、4連勝としたいところでしょう。

◇投了図

090710b1

竜王戦決勝トーナメント第2局は注目の豊島五段対稲葉四段戦。先手稲葉四段で相掛かりから角換わりの真っ向勝負。138手までで稲葉四段の投了となりました。関西の若手を代表する二人の対決でしたが、豊島五段は強いなぁ。0.87という高勝率にも納得です。

勝った豊島五段の次の対戦相手はベテラン田中寅彦九段ですね。

|

« 棋聖戦と竜王戦決勝トーナメント | トップページ | 女流棋士の対局 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/45597871

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺竜王対豊川七段戦と竜王戦決勝トーナメント第2局:

« 棋聖戦と竜王戦決勝トーナメント | トップページ | 女流棋士の対局 »