« ダブルホイールマウスM-DWURSVを購入する | トップページ | これは不思議Amazonでの竜王戦の本 »

大和証券杯最強戦を観戦する

5月3日20時からの大和証券杯最強戦の渡辺明竜王対三浦弘行八段戦を観戦させてもらいました。

ネット対戦をリアルタイムで観戦するのは初めて。最初はライブ中継室に入っていたのですが、パソコンをスタンバイモードにした間に満室になってしまい、結局はじかれてしまいました。そのためもう一つの棋譜速報で観戦することに。多少時間差はあっても臨場感は味わえます。今夜はいつも観ている大河ドラマはパス。(笑)

先手は渡辺竜王。居飛車党の両者、共に矢倉囲いで慎重なスタートになりました。解説は阿久津主税七段。早指しでリアルタイムのネット解説はなかなか大変だと思いますが、阿久津七段のコメントは良い意味で適度にミーハー、それでいてツボを押さえたものでさすがだと思いました。

竜王の61手目は、歩を突いて銀が攻め上がるかというこちらの勝手な希望に反して▲5七角でした。総じて中盤までは両者共に慎重な駒運びですね。

70手目から80手目ぐらいまでは、お互いに飛車の出し入れを行う膠着状態。一時は千日手になるかと思われました。88手目△7五歩で局面が打開、本格的な闘いが始まります。その後は一進一退の攻防が続きましたが、終盤渡辺竜王の猛攻が続き、175手で三浦八段が投了。▲1一馬がカギだったようですね。さすがは前回の優勝者。

後半の攻防はなかなかスリリングで楽しませて頂きました。お三方、スタッフの方々お疲れ様でした。ちなみにネット対戦ですので渡辺竜王はご自宅からの対局です。竜王ご自身による解説はこちら

090503

◇投了図。中盤はしばし膠着状態。終盤は渡辺竜王の攻めが途切れず寄せきった。

|

« ダブルホイールマウスM-DWURSVを購入する | トップページ | これは不思議Amazonでの竜王戦の本 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/44886672

この記事へのトラックバック一覧です: 大和証券杯最強戦を観戦する:

« ダブルホイールマウスM-DWURSVを購入する | トップページ | これは不思議Amazonでの竜王戦の本 »