« ツクモロボット王国リニューアルオープンに関連して | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント6月の放送予定 »

大和証券杯最強戦の行方八段対木村八段

5月24日の大和証券杯ネット将棋最強戦は行方尚史八段と木村一基八段の対局でした。解説は島朗九段。

先手は行方八段。中盤のねばりと終盤のスピーディで正確な寄せには、克目すべきものがあると感じさせてくれる棋士です。対するのは「千駄ヶ谷の受け師」こと木村八段。一手損角換わりでスタートした居飛車戦は、98手で行方八段の投了となりました。行方八段、残念ながら一歩届きませんでしたね。

興味深かったのは感想戦での会話。

行方八段「お粗末でした。雷にうたれてきます」
島九段「かしこまりました」
って、えっ!かしこまっちゃうの? 本当に落雷にあったら大変だ(笑)

看板通りに次々と強豪棋士の方々が登場する最強戦ですが、木村八段の次の対戦相手は渡辺竜王ですね。

090524

【投了図】後半木村八段の受けが上回った。

|

« ツクモロボット王国リニューアルオープンに関連して | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント6月の放送予定 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/45134439

この記事へのトラックバック一覧です: 大和証券杯最強戦の行方八段対木村八段:

« ツクモロボット王国リニューアルオープンに関連して | トップページ | NHK杯テレビ将棋トーナメント6月の放送予定 »