« NHK杯戦の佐藤NHK杯対森内九段 | トップページ | 北帰行 »

この対局の詳しい解説と棋譜は・・・その2

本日3月18日の棋王戦の5番勝負。佐藤棋王対久保八段の第四局は佐藤棋王が勝って2対2のタイに。決着は3月30日(月)の第5局に持ち越しとなりました。

NHK将棋講座テキストの4月号を書店で見かけたので買ってみました。

4月からは新講座の開講ですね。題して「橋本崇載の受けのテクニック教えます」。講師はハッシーこと橋本崇載七段。アシスタントは中村桃子女流2級のフレッシュコンビ。4月の講座内容は以下の通り。

○ギリギリの終盤戦を勝ち抜こう

・守りの大切さを知ろう・・・・・4月5日放送
・切り返して先手を取ろう・・・4月12日放送
・玉の早逃げをしよう・・・・・・4月19日放送
・底歩の形をつくろう・・・・・・4月26日放送

これまでの講座は攻め中心のものが多かったので、受けの講座はちょっと珍しいかもしれませんね。

テレビ将棋トーナメントの記事では、渡辺竜王が登場した準々決勝の解説もあり、対局前のかなり緊迫したただならぬ様子にも触れられています。

この将棋講座テキスト、4月号なので新連載の記事が多いのですが、注目の連載記事は上記棋王戦挑戦者によるエッセイ&講座の「久保利明のさばきはアートだ!」。講座の方は素人の私には少々難しいですが、鯖木、もといさばきのアーティストこと久保八段の連載ですから、まさにピッタリのタイトルではあります。ちなみにこの「さばきのアーティスト」という異名はご本人もかなり気に入っておられるんですね。確かに将棋界でも、もっとも印象的なネーミングの一つかも知れません。

3月30日の第5局での久保八段の華麗なさばきに期待しましょう。

Kouza0904◇将棋講座テキスト4月号。表紙は新講師とアシスタントのフレッシュコンビ。さてNHK杯の司会はどうなるか。

|

« NHK杯戦の佐藤NHK杯対森内九段 | トップページ | 北帰行 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/44391592

この記事へのトラックバック一覧です: この対局の詳しい解説と棋譜は・・・その2:

« NHK杯戦の佐藤NHK杯対森内九段 | トップページ | 北帰行 »