« ネットでネタバレNHK杯戦・・・残念です | トップページ | 第34期棋王戦は久保八段が征す »

NHK杯戦の出場女流棋士決定戦

早いもので三月もあと少しになりました。渡辺竜王のブログにも書かれていますが、3月30日は棋王戦の最終局ですね。はたして征するのは佐藤棋王か、久保八段か。

3月29日放送のNHK杯テレビ将棋トーナメントは第59回の出場女流棋士決定戦でした。女流棋士の出場枠は1つのみ。それを4人の女流タイトルホルダーが争うわけです。中でも注目されるのは出雲のイナズマこと新鋭の里見倉敷藤花でしょうか。若干16歳の高校生ですから、NHK杯でテレビに登場するのは初めてでしょう。

・矢内理絵子女王 対 清水市代女流2冠は75手で矢内女王の勝ち。

・石橋幸緒女流王位 対 里見香奈倉敷藤花は131手で石橋女流王位の勝ち。

となりましたが、この2戦はダイジェストによる放送でした。対局後のインタビューでは里見さんはやはり時間が足りなかったと述べてましたね。この辺りが早指しの難しさでしょう

決定戦は先手石橋女流王位対後手矢内女王となりました。奇しくもLPSALPGGの顔合わせに。聞き手は中井女流六段、解説は森内九段と豪華なメンバーです。

戦型は相矢倉。力戦になるかなと想像していましたが、そうでもなく両者落ち着いた差し回しです。中盤で石橋女流王位が7五銀と指したところで、解説の森内九段が「石橋さん、良い差し方ですね。」と誉めてましたね。聞き手の中井さんはさすがにベテラン。明るい受け答えで軽口にも余裕が感じられます。

ここ4~5年、女流棋士はNHK杯戦では勝てないのですが、実は中井女流六段(当時は女流三冠)は第53回NHK杯戦で2勝しており、3回戦に進出しているんですね。「まぐれです。」とご本人は謙遜されていましたが、まぐれで男性棋士相手に連勝できるとは思えません。やはり強かったんですね。

対局の後半は矢内女王が優勢に運んでいたように見えましたが、結局118手で石橋女流王位の投了となりました。これで第59回NHK杯の出場女流棋士は矢内女王ということに。対戦相手は分かりませんが是非頑張って欲しいものです。

|

« ネットでネタバレNHK杯戦・・・残念です | トップページ | 第34期棋王戦は久保八段が征す »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/44502236

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯戦の出場女流棋士決定戦:

« ネットでネタバレNHK杯戦・・・残念です | トップページ | 第34期棋王戦は久保八段が征す »