« シャボルトさんが姫路ロボ・チャレンジで総合優勝 | トップページ | 昇段するのは大変だ »

渡辺竜王のNHK杯戦の次の対局相手は森内9段に

ここ2~3日は何だか曇天の日が多いですが、まとまった雪が降らないだけ、まだましと言うべきでしょうか。

1月18日放送のNHK杯戦は森内俊之九段対糸谷哲郎五段でした。

キラ星のような棋士が登場するNHK杯ですが、今回はご存じ百戦錬磨の実力者対注目の新鋭の対局。

先手森内九段、後手糸谷五段。なんと戦型は珍しい相振り飛車に。NHK杯戦で相振り飛車はあまり見た記憶が無いと思います。解説の井上慶太八段も「最初から予想が全く外れましたね・・・」と苦笑されておりました。

後手は穴熊に。挑戦者らしく2五飛車など意表を突く手を見せてくれましたが、森内九段の方は終始落ち着いてさばいていたように見えました。

終盤に穴熊で囲っていた玉が独りぼっちで散歩するような局面になっては、さすがに後手に勝ち味は薄い。結局115手で糸谷五段の投了となりました。持ち駒に角が2枚あっても受けようが無いんですね。逆に言うとこの辺りが森内九段の上手さと言うか、本領なのでしょう。

でもこの両者の対局は初手合いとのこと。二十歳の糸谷五段にしてみれば永世名人の森内九段と対局できるだけでも実力アップの証かもしれません。

これで渡辺竜王のNHK杯戦の次の対局相手は森内9段ということになりましたが、渡辺竜王も穴熊は得意。熱戦を期待したいところです・・・って収録は既に済んでいるかもしれませんね。

|

« シャボルトさんが姫路ロボ・チャレンジで総合優勝 | トップページ | 昇段するのは大変だ »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/43778737

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺竜王のNHK杯戦の次の対局相手は森内9段に:

« シャボルトさんが姫路ロボ・チャレンジで総合優勝 | トップページ | 昇段するのは大変だ »