« パーツ別売り販売の注文品が到着 その2 | トップページ | センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その4 »

RZ1Basic v0.5.1を走らせる

当ブログのリンク集でも紹介させてもらっている、miconoさんが開発・公開されているロボザック用ツールの1つ、RZ1Basic v0.5.1が公開されましたので、バージョンアップをさせてもらいました。

おなじみのRZ1Basicは、週刊ロボザックから提供されるroboBASICに相当するソフト。コンスタントに機能拡張されてきており、プログラミングシミュレーターやロボリモコンが持つ機能も取り入れ、独自の拡張も組み込んだ総合環境ソフトになりつつあるようです。

Mac版とWindows版があり、Windows版はVistaにも対応。ご存じのように週刊ロボザックから提供されるroboBASICは、MacにもWindows Vistaにも対応していないので、読者によっては非常にありがたいソフトと言えるでしょう。

以前の投稿はv0.2.9についてでしたので、以後かなり機能拡張された点もあるのですが、今回のv0.5.1はv0.5.0での不具合修正版のようですので、さしあたって今回はv0.4.9以降の更新内容について書いてみます。

・IF文の入れ子に対応(roboBASICv2.72で使えるようになった機能)
(コンパイルのみならずシミュレーション、デコンパイルにも対応。以下同様)
・ACCELコマンドに対応(2000系コマンド)
・BEEPコマンドに対応(2000系コマンド)
・スナップリスト:RZ1Snaplistが組み込まれた。

思えば週刊ロボザックの第2ステージ以降、miconoさんのRZ1Basicも、機体の機能拡張やソフトの変化に対応して大小・表立って見えないところも含め、随分拡張されてきたようです。

例えばシミュレーターのヨー軸(拡張股関節)追加の対応、無線送信機(プロポ)によるシミュレーションへの対応、環境設定でゼロ点設定ポーズの角度設定対応、環境設定での指定によりサーボモーターの回転範囲の警告、そしてコントローラーのデータ読込みなど。

個人的に特に重宝するのは、やはりシミュレーション機能ですね。機体にモーションプログラムを転送しなくても、IRリモコンやプロポに割り当てられた機能を再現してくれるので、非常に便利。検証がはかどります。

それとありがたいのは、roboBASICとは異なり日本語が文字化けしないこと。

作者のmiconoさんには感謝しつつ使わせてもらっています。

Rz1basic050 ◇RZ1Basic v0.5.1の実行画面。サーボモーターに負荷がかからないよう注意も表示される。

|

« パーツ別売り販売の注文品が到着 その2 | トップページ | センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その4 »

ロボザック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Basic v0.5.1を走らせる:

« パーツ別売り販売の注文品が到着 その2 | トップページ | センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その4 »