« センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その5 | トップページ | 「ジャイロセンサーの調整について」が公式サイトに掲載 »

RZ1Basicのトラブルシューティング(ファイルが開けない場合)

RZ1Basicのトラブルシューティングについて作者のmiconoさんから、ブログに書くよう依頼を受けました。しかし、いつもマイペースで駄文を綴っている私としては、やはり緊張するなぁ。

・私が経験したRZ1Basic v.0.5.6での不具合
ファイル→開くでファイルを読み込もうとすると、プログレスバーが進行して読み込みができたかな?と思った途端エラーで落ちてしまうというもの。エラーメッセージはお馴染みの「問題が発生したため、RZ1Basicを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。」というものです。いやWindowsさん、別に謝らなくてもいいからソフトをちゃんと動かしてね。(笑)

ファイル→新規では問題無いのですが、小さなファイルでも大きなファイルでもbasファイルは全く読み込めない状態です。ただしobjファイルはちゃんと読み込めます。しかしソースファイルにデコンパイルしようとすると、やはり同じエラーで落ちてしまいます。

・トラブルの原因を考える
とりあえず、すぐにmiconoさんにエラー署名を付けて状況をメールで報告。miconoさんからは、自分の環境ではエラーが確認できない旨の返答をすぐに頂きました。何度かmiconoさん頂いたメールから「テキストスタイリングの部分なのかもしれませんね。」というのがヒントになりました。

動作環境の違いでエラーになったり、ならなかったりすることがあり、かつエラーになるのはmiconoさん苦心のテキスト描画ということから、ひょっとするとビデオドライバーがソフトと当たっているのではと思いました。

それならばということで、ダメ元で久々にビデオドライバーを更新してみることにします。

・ビデオドライバーを更新しトラブルシューティングを行う。

私が使用しているノートパソコンのビデオコントローラーはインテルのチップセットに付属の、Mobile Intel 945 Expressというごく普通のもの。 しかしノートパソコンと言っても侮るなかれ。最近のものではATI Radeon HD 3200 (AMD M780G チップセットに内蔵) Max 1599MBとかNVIDIAのGeForce 9800M GT Max 1789MBなどかなりハイスペックなものも存在するようです。

ビデオドライバーの更新作業は通常、上記のように各パソコン毎に採用されているビデオコントローラーのそれぞれのメーカーのサイトから行うことになります。ただしドライバーを最新版に更新したからといって、必ずしも意図した通り状況が改善されるという保証は無く、場合によっては悪化する可能性も考えられますので、基本的に自己責任で実施することになります。

◇参考までに以下にWindows XPでインテルのビデオドライバーを更新する場合の例を書きます。そんなことはとっくに知っているよ、という方は読み飛ばして下さい。

デスクトップの何も無い部分を右クリック→グラフィック プロパティを選択→
情報ボタンかタブを選択(この情報欄で現在パソコンが使用しているビデオドライバーの種類とバージョンが分かります。)→(左側にアイコン部があればスクロールさせサポートを表示)→
サポートを選択、と進んでいくとドライバーのダウンロード用のリンクがあると思います。タスクトレイにビデオアイコンが常駐していれば、これをクリックして同じように選択する手もあります。

リンクをクリックしてダウンロードサイトへアクセスします。

インテルのダウンロードサイトは全て英語表記で少々分かりづらく感じますが、注目は中央に”Check your system for the latest driver"と表示されるボタンです。これクリックするとパソコンに導入されているビデオドライバーの種類とバージョンをチェックしてくれるのですが、そのためにAciveXやJavaのインストールを要求されることがあります。

新しいドライバーがあれば、それをダウンロードするよう勧められますのでクリックしてドライバーのインストールプログラムを保存します。

あとはダウンロードしたインストールプログラムをダブルクリックして起動、指示に従ってインストールを行います。インテルのプログラムの場合は途中から日本語のガイドになるので少しほっとするかもしれません。

その後はWindowsを再起動し、再度RZ1Basicでファイルを読み込んでみます。今度はエラーにならずに無事ファイルが読み込めました。good 原因はやはりインテルさんかい?!

※今回のトラブルシューティングは、あくまで私の場合ということなので他の方々の場合にも当てはまるとは限りません。
また新しいドライバーが必ずしもねらった通りの効果を発揮するとは
限らず、むしろ逆効果という可能性もあるかと思いますので、実行の際は自己責任でお願いしますね。

Intel◇インテル社のダウンロードサイト。中央の青いボタンに注目。945 Expressの最新バージョンは6.14.10.4926だ。

|

« センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その5 | トップページ | 「ジャイロセンサーの調整について」が公式サイトに掲載 »

ロボザック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208019/43234470

この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Basicのトラブルシューティング(ファイルが開けない場合):

« センサー要らずのバッテリー低電圧検出を考える その5 | トップページ | 「ジャイロセンサーの調整について」が公式サイトに掲載 »